茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

ヒラメ

脂しっかり、貫禄の美味

茨城県のさかなとして指定されているヒラメ。「寒びらめ」といわれるように、冬の冷たい海の中で肉厚となり、豊富な餌を食べて脂質の量が最大になる冬(12月~2月)が旬です。うま味の中心となるイノシン酸が豊富なため、淡白でありながらも濃厚な味わいで、非常に美味しい魚です。 平成24年の茨城のヒラメの漁獲水揚げ量は年間336トン、全国の漁獲量ランキングは5位となっています。 福島から茨城の海でとれるヒラメは"常磐もの"(じょうばんもの)と呼ばれ、食通の方々や市場の間で高い評価を受けています。"常磐もの"は、茨城沿岸の黒潮と親潮がぶつかり合う潮の流れと、広大な砂浜、沖合に点在する磯、そして栄養が豊かな漁場で獲れる魚のブランド名として広く知られています。

特長

量より質。

底びき網で漁獲されるヒラメの重さは味の良い1~2㎏が主流。漁獲のモットーは、”量より質“。30㎝を下回る小さいものは水揚げしていません。船上に網を引き揚げると、素早くヒラメを選別。一緒に網に入った他の魚でヒラメが傷つけられるのを防ぎます。水揚げから鮮度管理され,最高の状態で出荷されます。

生産地と出荷時期

ヒラメの産地のマップ

ヒラメの旬のカレンダー

  • 主な出荷時期
  • 出荷量の多い時期(米は新米時期)
規格・入数/単位
  • 約1㎏~2㎏

Point

  1. 肉厚で脂しっかり
  2. 漁獲魚はしっかり鮮度管理し、活魚でも水揚げ

主な生産地

  • 茨城沖

茨城のヒラメに関するお問い合わせ先一覧※各品種毎のお問い合わせはこちら

  • カクダイ水産株式会社

    029-263-5551

    〒311-1211 ひたちなか市沢メキ1110-15

プリントする

TOP