茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

イワガキ

素潜りで獲る"海のミルク"。

牡蠣が"海のミルク"と呼ばれる理由は、身が乳白色で、牛乳のように栄養がたっぷり含まれているから。プリプリとした食感と磯の香り、大きな身だからこその食べごたえは満足度が高く、一度知るとやみつきになってしまいます。カキというと冬のイメージが強いですが、それは「マガキ」と呼ばれる種類の話。イワガキは6~8月中旬に旬を迎えます。茨城での漁獲方法は男たち(漁業者)による素潜り。茨城の「あま」は男性のみです。

特長

想定外の大きさで満足度が高い夏ガキ

潮が激しくぶつかる場所に生息するイワガキ。なんといっても目を引くのが、そのサイズ。手に乗せるとはみ出してしまい、波にもまれた殻はゴツゴツしていて迫力満点です。プリプリとした食感と磯の香り、大きさゆえの食べごたえは満足度が高く、一度食べるとやみつきになります。

生産地と出荷時期

イワガキの産地のマップ

イワガキの旬のカレンダー

  • 主な出荷時期
  • 出荷量の多い時期

Point

  1. 一つ食べたら大満足なでかさ
  2. プリプリとした食感、しかも栄養満点

主な生産地

  • 常磐沖

茨城のイワガキに関するお問い合わせ先一覧※各品種毎のお問い合わせはこちら

  • 大洗町漁業協同組合

    Tel.029-266-2165

    〒311-1301 東茨城郡大洗町磯浜町字東8253-10

プリントする

TOP