茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

落花生

茨城県は作付面積全国2位の産地

落花生は南アメリカ原産の植物で、江戸時代に日本に伝わったといわれ、ピーナッツや南京豆(なんきんまめ)とも呼ばれています。
茨城県は作付面積全国2位の産地で、特に牛久市、阿見町などの県南地域で生産されています。
落花生は豆類なので枝に実っていると思っている方も多いと思いますが、実は土の中でできています。落花生は花が咲くと、咲いた花の茎の根元から、『子房柄』という先の尖った茎のようなものが出てきます。これが土に刺ささっていき、その先端が土の中で育って、落花生となります。

特長

茨城産落花生

殻付き落花生は、収穫し、乾燥し、焙煎して完成するとてもシンプルな商品です。落花生の持っている味そのものを生かし、基本的に調味料による味付けは行いません。だからこそ、ひとつひとつの作業工程が味を左右する大切な工程になります。生産者によっては、乾燥を100%天日で行ったり、焙煎時間を調整するなどして味の追求を行っています。

生産地と出荷時期

落花生の産地のマップ

落花生の旬のカレンダー

  • 主な出荷時期
  • 出荷量の多い時期

主な生産地

  • 牛久市
  • 阿見町
  • つくば市
  • かすみがうら市

プリントする

TOP