茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

PRESENT / プレゼントキャンペーン

第234回 お茶の根本園【さしま茶緑茶・和紅茶のティーセット】

第234回プレゼント企画
3名様にプレゼント!

応募期間2016.03.03-03.13
日本で初めて海を渡った「さしま茶」
 茨城県は、全国的に見ても非常に豊かな気候に恵まれ、北で採れる農産物の南限、南で採れる農産物の北限ともいわれています。
 お茶も、経済的栽培地の北限となっている農産物も数多くあります。茨城県内の代表的なお茶の生産地には、大子町を中心産地とした「奥久慈茶」、城里町を中心産地とした「古内茶」(ふるうちちゃ)、坂東市、境町を中心産地とした「さしま茶」があります。
 さしま茶の栽培が始められた時期は明確ではありませんが、記録によると1635年(寛永2年頃)と考えられています。当時、猿島地方を治めていた関宿 藩がお茶の栽培を奨励したため、生産量は年々増えていったようです。
 さしま茶は、1854年(安政元年)に日米和親条約が結ばれた後、日本が世界に目を向けはじめたこの時期に、早速売り込みを行い、初めて海外に輸出された、歴史に名を残すお茶なのです。
お茶の根本園
「お茶の根本園」は、さしま茶の産地のひとつである坂東市で、茶師が伝統の技と心で丹精込めてお茶の栽培から製造販売までを一貫して行っています。
 土作り、茶の木造り、製造、火入れなどすべての工程を自社で行うことによって、高品質な製品を提供しています。
 六代目の根本宏紀さんは、日本古来から続く伝統の“茶の手揉み製法”を後世に残すため、日々技術の向上に努め、伝統の味を守るとともに、「何杯でも飲みたくなる、のど越しのよい、飲みやすいお茶を作りたい」と、若者や女性に向けた抹茶や粉末緑茶を使った商品開発を行うなどさまざまな取組みを行っています。
 茶どころ“さしま”の熟練した職人による手揉み茶、石臼挽きのお抹茶等を、ぜひご賞味下さい。
全国手もみ製茶技術競技大会最優秀賞受賞!!
平成27年11月に静岡県茶市場で開催された【第19回全国手もみ製茶技術競技大会】では、根本園の根本宏紀さんが会長を務める「茨城県さしま茶手揉保存会」が最高の栄誉である最優秀賞を受賞しました。
さしま茶(緑茶・和紅茶)のティーセット(ガラスの急須付き)
 独自の自然農法を用い、健康的な土づくりを行う中でできた緑茶と紅茶をそれぞれ4種類組み合わせました。国産では珍しい和紅茶は、渋みや苦みが少なくまろやかな味わいだと評価が高い逸品です。
 一緒にセットになっているスタイリッシュなデザインのHARIOのガラスの急須は、飲みごろが一目で分かる便利な急須です。
買えるお店
お茶の根本園
住所:茨城県坂東市生子3522
TEL:0280-88-0241
お茶の根本園ネットショップ
大洗まいわい市場
住所:茨城県東茨城郡大洗町港中央112 大洗リゾートアウトレット内1階
TEL:029-266-114
■今回のプレゼント内容
商品名:お茶の根本園【さしま茶緑茶和紅茶のティーセット】
当選者数:3名
応募期間:2016年03月03日~2016年03月13日
提供元:茨城県
■応募方法
お申し込みはいたって簡単!
下記のメールフォームにメールアドレスとお名前(ニックネーム可)、お住まいの地域をいれて送信ボタンを押して送信するだけです! なお、プレゼントを申し込まれた方には、茨城県販売流通課から、うまいもの情報満載のメールマガジンをお届けいたします。
※メールマガジンを希望されない方は、申込時にチェックボックスからチェックを外してください。
■当選の発表及び当選した後の流れ
めでたく当選された方には、当サイトから、当選メールをお送りします。
商品の発送先などを明記の上ご返送ください。
返送を確認しだい、速やかに発送させていただきます。
今回のプレゼントは終了しました。次回プレゼントはこちら
■第233回プレゼント 大玉で高糖度!【スーパーフルーツトマト】への応募は03月06日まで!こちらからどうぞ
>大玉で高糖度!【スーパーフルーツトマト】
今までのプレゼント内容はこちら!

今、おすすめの記事

TOP