茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

県産品飲食店・販売店のデータベース

仁平農産

認証ナンバー 71

ごぼう


  仁平農産はごぼう造りを始めて40有余年。
非常に難しいと言われるごぼうの周年栽培を行える、県内屈指の会社です。
農産物の安全性を守るために、農薬の使用量と管理、種苗と土、水の安全性から環境への配慮、ひいては生産者の健康診断まで、農作業の工程管理基準を定めたJGAPの認証を受けています。

ごぼう
こだわり

①JGAP認証農場

  仁平農園は、JGAP認証農場です。
JGAPは、120を超える農場のチェック項目が定められており、農薬の管理、肥料の管理、ひいては生産者の健康状態まで審査を行うなど、食の安全や環境保全に関係する農作業について明確な基準を定めた、生産者団体が活用する農場管理の基準です。
 福島第一原発の事故による放射能検査も、JGAPは2011年3月半ばから調査に入り、完全に安全と言える農産場のみを認証しています。

②トンネルごぼうの栽培

  一年中出荷するのが非常に難しいと言われるごぼう。その難しい周年栽培を可能にしたのが ビニールをかけて栽培する「トンネルごぼう」栽培の成功によるものです。
 土づくり、肥料、種まき、成長過程、収穫、全てに熟練の経験とカンがなければ成功しない仁平農園の「トンネルごぼう」は香りが良く、うまみ成分が高い事が立証されています。

③エコファーマー取得

  仁平農産は、「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(持続農業法)」第 4条に基づき、「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」を都道府県知事に提出して、当該導入計画が適当である旨の認定を受けた農業者、『エコファーマー』の認定も受けています。
お客様へのメッセージ
仁平農産代表 仁平 一美さん
  食の安全が重要視される昨今、仁平農産では安全安心に絶対と言えるほどの自信を持って、ごぼう作りを行っています。
 採りたてのごぼうはとてもおいしく、生でもサラダなどにして食べられます。
 仁平農産のごぼうは貯蔵をしないため、いつも掘りたてのごぼうをお届けいたします。

買える店

東京デリカフーズ

ベイシア 群馬エリア

いなげや

会社情報
住所 行方市芹沢749
営業時間 8:00~17:00
ご連絡先 E-mail:
TEL: 0299-55-1899 携帯090-5439-0076
FAX: 0299-55-1899
URL:
取扱商品 ごぼう、ごぼう加工品
その他の情報 駐車場 10台
会社情報

今、おすすめの記事

TOP