茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

旬のうまいもの特集

下妻甘熟梨

下妻甘熟梨 プロジェクトチームによる甘熟梨のブランド化
甘熟梨について 新しいブランド産地を目指して…

茨城県は、千葉県に次いで全国第2位の梨生産地。
市場出荷が多く東京都中央卸売市場のシェアは全国第1位を誇ります。
県内では下妻市は筑西市に次ぐ産地。7月上旬からのハウス梨(幸水)を皮切りに、豊水、あきづき、新高、貯蔵梨(豊水)などを生産しています。
これまでは、流通上の理由等で完熟に近い果実の出荷は難しい現状がありました。そんな中、若手有志がプロジェクトチーム(下妻市果樹組合連合会)を組み、2008年から従来とは違う幸水梨の生産・販売を開始しました。

梨本来の旬のおいしさを伝えたい!

幸水は、贈答用としてのニーズが高い8月上旬から、お盆までの出荷が主流。
お盆後は取引単価が急落することと、ジベレリンという植物成長調整剤による処理技術が開発され、梨の熟期を促進できることから、盆前出荷が一般的でした。 しかし、盆前の出荷は食味より、見た目重視になりがち。同連合会プロジェクトチームでは、「梨本来の旬のおいしさを伝えたい」と新たな商品を模索し、ジベレリン処理を行わず、収穫を通常より10日程度遅らせ、樹上で十分に熟させた梨本来の高い糖度と風味をもった食味重視の商品「下妻甘熟梨」を誕生させたのです。

このページのトップへ

甘くておいしいと消費者から大好評、甘熟梨の特徴
甘熟梨の特徴 樹上で完熟

より完熟に近づけるため、ジベレリン処理をせず、通常の梨が開花後115日前後で収穫するところ、125日前後で収穫。樹上で熟させてから収穫しています。

おいしさのカギは“土づくり”

良質の有機質資材(馬ふん)を統一して使用し、土壌診断に基づいて肥料を与えた甘熟梨専用の圃場で栽培されています。

厳しく果実を厳選

選び抜かれた果実の規格は2L以上と大玉サイズ。荷姿にも自信あり!

厳しく果実を厳選

このページのトップへ

体験講座で産地に愛着を持ったサポーターを育成
大学生の梨畑体験の様子

下妻市民、筑波大学、茨城大学の学生を対象に、梨畑で摘果・収穫・選果と一連の作業を体験し、最後は売り場での対面販売を生産者と一緒に行う「下妻の梨」体験講座を開催しています。実際に自分で作業をすることで、梨づくりの苦労や喜びを知るとともに、梨に対する愛着が育まれます。生産者と消費者とが交流を持ち、「甘熟梨」の魅力に生産者の「人」の魅力もプラスされ、「下妻の梨」に愛着を持ったサポーターが育っています。 今後は、下妻の梨への知識と理解を深めた応援サポーターの皆さんの活躍が期待されています。

梨のもぎ取り体験イベント
もぎ取り体験の様子

下妻甘熟梨の栽培圃場で、梨のもぎ取り体験を2009年から実施しています。
今年は近隣市町村の親子、首都圏消費者、さらには福島県で被災に遭われた方々を対象に実施します。スーパーでしか梨を見ることのない消費者が、樹上でたわわに実る大玉の梨を見る目は、感動で輝いています。畑の中での試食は食べ放題。リピーターもでき、今後もイベントの拡大と充実がさらに期待されます。  

このページのトップへ

下妻梨を使ったレシピのご紹介
梨のきんぴら 梨のきんぴら

<材料(4人分)>

梨…1個
ピーマン…2個
ニンジン…30g
ベーコン…2枚
干しシイタケ…3枚
油…大2~3

(調味料)
酢…大1 醤油…大2 砂糖…大1/2 みりん…大1 ごま油…小1

<作り方>

①梨は千切りにする。
②干しシイタケは水に戻し、千切り、ピーマン、ニンジンも千切り。
③鍋に油を入れ、ベーコン、ピーマンを炒めて皿にとる。
④さらに油を入れ、梨、ニンジン、シイタケを炒め、調味料を加え、③を戻して手早く炒める。そして、ごま油を入れる。


梨のパンナコッタ 梨のパンナコッタ

<材料(4人分)>

梨…1/2個 
牛乳(梨を合わせて)…250cc
生クリーム…200cc 
砂糖…70g ゼラチン…2袋(10g)
水…大4
ラム酒…大1

(梨のコンポート)
梨…1個 砂糖…40g 水…50cc 赤ワイン…50cc

<作り方>

①ゼラチンは水でふやしておく。
②鍋に梨のすりおろし、牛乳を合わせて250ccを計り、生クリーム、砂糖を加え煮る。
③沸騰したら、火からおろしゼラチンを加える。
④粗熱をとり、ラム酒を加える。
⑤器に冷し固める。
⑥梨は5mm角にきり、鍋に入れ、砂糖、水、赤ワインを加え煮る。
⑦梨のパンナコッタに⑥の梨のコンポートをのせる。

このページのトップへ

下妻甘熟梨はいつ・どこで買えるの?
JA常総ひかり下妻梨第一選果場 販売期間:8/19(土)、21(月)、23(水)、25(金)、27(日)
販売場所:
■JA常総ひかり下妻梨第一選果場

住所:〒304-0004 下妻市大木1675
電話:0296-43-4174 FAX:0296-44-4914
営業時間:8:30~物がなくなり次第終了
HP:http://www.jahikari.or.jp
茨城をたべようHP:
「JA常総ひかり下妻梨第一選果場」のページ
駐車場:150台
最寄りの交通機関:国道294号線、「道の駅しもつま」より車で10分

JA常総ひかり下妻梨第二選果場直売所 販売期間:8/19(土)~8/28(月)
販売場所:
■JA常総ひかり下妻梨第二選果場直売所

住所:〒304-0016 下妻市数須209
電話:0296-44-5982 FAX:0296-44-4830
営業時間:8:30~物がなくなり次第終了
HP:http://www.jahikari.or.jp
茨城をたべようHP:
「JA常総ひかり下妻梨第二選果場直売所」のページ
駐車場:30台
最寄りの交通機関:常磐自動車道の土浦北ICから国道125号線を使って約25km、40分

下妻の梨PRプロジェクトチーム(下妻市果樹組合連合会)
2008年青年部有志5名で始まった産地PR・活性化プロジェクトチーム。2009年以降、チーム員は9名に増え地元量販店での「下妻甘熟梨」の試食販売PRや、親子の梨もぎ取り体験イベント等を積極的に実施。意欲的な取り組みで多方面から注目を浴びている。

下妻甘熟梨に関するお問い合せ先
JA常総ひかり下妻地区センター営農課 電話:0296-43-1311 Fax:0296-43-2852

TOP