茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県営業戦略部販売流通課

PICK UP / いばらき6次産業化商品

いばらき6次産業化商品

いばらき6次産業化商品

6次産業化とは?

生産者が加工(2次産業)や流通販売(3次産業)に取り組む農林漁業の新たな展開です。

「6次産業化」とは、豊富な農林水産物等の地域資源を活かして、農林漁業者自らが生産から、加工・販売までを一貫して行う取組や、2次産業・3次産業と連携して新しいビジネスの展開や営業形態を創り出す取組のことをいい、農山漁村の雇用の確保や所得向上等を目指しています。
生産部門の1次産業、加工部門の2次産業、流通販売部門の3次産業の、1、2、3を掛けて6になることから、6次産業化といわれています。

いばらき6次産業化商品

生産者が自ら生産から加工・販売まで一貫して取り組むことにより、農林漁業の可能性は大きく広がります。例えば、1次産業が産み出す生鮮品は売れる時期が限られますし、売る値段も市場の影響を受けやすい。しかし、生鮮品に冷凍や乾燥などの加工を施せば販売時期を変えられますし、直売所などの販売ルートがあれば、自ら価格を決めることが可能です。
農林漁業では競争力強化や従事者の確保が喫緊の課題となっており、成長産業として発展させる「6次産業化」への期待は益々高まっています。

茨城6次産業化商品一覧

今、おすすめの記事

TOP