茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

旬のうまいもの特集

茨城新米特集

茨城新米特集

関東一の米どころ!
茨城県自慢の新米をご紹介

 久慈川、那珂川、小貝川、鬼怒川、利根川などの水の潤いにあふれ、気候も温暖な茨城。その土地柄から、古くより稲作が盛んに行われ、今では全国第5位、関東では第1位の米どころとなっています。
 県内で生産されるお米の約8割を占める「コシヒカリ」。炊き立てのご飯はツヤ、コシ、粘りというおいしいお米の要素をすべて兼ね備えています。
 また、県のオリジナル品種「ふくまる」や「一番星」、おいしさや安全・安心等にこだわりをもって生産に取り組む産地のお米「地域オリジナル米」も近年注目されています。(※ 詳細は地域オリジナル米へ
 今年も消費者の皆さんにこだわりの新米をお届けしますので、茨城の海の幸や山の幸といっしょに、おいしい「いばらきのお米」を是非ご賞味ください。

おいしく食べよう!

 お米は、精米されてからなるべく早く召し上がって頂くのがベストですが、保存をする際は、温度が低く、湿気が少ない暗い場所が適しているため、ご家庭では冷蔵庫に保存することをおすすめします。
 また、お米をとぐ際は、ゴシゴシとぎすぎると、お米が割れてしまい、炊き上がりがべたつく原因となってしまいますので、ご注意ください。精米技術が進んだこともあり、米粒表面の酸化した部分や付着しているヌカだけを落とす程度で十分です。

ふくまる

米文化の未来をひらく、期待の大粒新人

 茨城県の環境に合わせて開発した県オリジナル品種『ふくまる』。
 最大の特長は「際立つ粒の大きさと豊かさ」。噛み応えのある食感と、噛むほどに膨らむ豊かな味わいは、日常の食卓を豊かにしてくれます。また、冷めても硬くなりにくく、食味が低下しにくいため、秋の行楽や遠足などのお弁当にも最適です。

一流料理人も絶賛する、全国トップクラスの粒の大きさ

 粒の大きさ、なんといってもこれが“ふくまる”の特長です。この大粒の食感をご家庭でより味わってもらうため、産地では粒の“大きさの基準”を満たした「ふくまる」のみを出荷しています。この大きな粒は、都内一流料理人や米穀専門店のお米マイスターなどからも高い評価をいただいています。また、食味の良い「ふくまる」を安定的に生産出荷するため、「ふくまる」生産者登録制度を導入しています。

日常の食卓に寄り添ってくれるお米

 炊飯直後と24時間後の、「ふくまる」及び「コシヒカリ」を、硬さ、粘り、こし、付着の物性4項目を測定できるテンシプレッサーで比較したところ、「ふくまる」は「コシヒカリ」と比べて、炊飯直後と24時間後の物性がほとんど変わらず、硬くならない傾向が見てとれました。冷めてもおいしい「ふくまる」は、毎日のお弁当、おにぎりにも最適です。
 また、「ふくまる」のロゴマークは一定の基準を守った「ふくまる」のみに使用されており、おいしい「ふくまる」の目印になっています。

一番星

毎日味わいたい、もちもち食感

 茨城県オリジナルの極早生品種『一番星』は、8月中旬には新米として味わうことができるお米です。鹿行地域や県南地域を中心に作付されており、新米をいち早く食べたいという方に大人気です。
 食味については、粘り気がやや強く、もちもちとした弾力のある食感を実現しています。冷めてもおいしいので、おにぎりとしても二重丸です。

地域オリジナル米

関東一の米どころ、茨城県では、県内各地でおいしさや安全・安心にこだわりをもった生産に取り組む産地が増加してきています。それら32の産地で生産された「地域オリジナル米」をご紹介します。

地域オリジナル米マップ

今、おすすめの記事

TOP